Nicoの離乳食レシピ

そろそろ三回食になるので、記録も兼ねて書いていきます。レシピ以外のお役立ち情報もちょこちょこ書いていこうと思います。

恐怖。シーチキン缶の中に・・・

こんにちは。
今回はいつもとちょっと違う内容です。

少し前になりますが、子供の離乳食を作るため、
シーチキンの水煮缶を開けてほぐしていました。
するとほぐした中に、長さ1センチ程度でしょうか。
赤く、くねっとしたものが見えました。

以前、タラのバジルオイル焼きみたいな、既に味付けがしてあり後は焼くだけ、というのを買った時に、アニサキスらしきモノがいました。
もちろんもう死んだ状態ですが。
ピンっと飛び出ていて、何だろうとひっぱって取ったのですが、タラ以外のナニカでした。
もしかして、とアニサキスについて調べると、かなり似たような画像が出てきて寒気を感じました。
思い出すのも嫌です・・・

今回シーチキンに入っていた、マグロの身ではない何か・・・前に見たアニサキス(らしきもの)のすごく短いバージョンのような感じでしたが、何かはわかりません。
赤かったし違うかもしれません。
気持ち悪くて写真も撮るのを忘れてました。
撮っておけばよかった。
ただ、マグロのどこかの部分ですよ、と言われたとしても、口にしたくないです。
魚が食べたエサで害はないですよ、と言われたとしても、あぁそうなんですか、とは受け入れられません。
もしアレに気付かず子供に食べさせていたらと思うと本当に気持ち悪いです。
大人の自分でも嫌です。
マグロのどこかだとしても、明らかにシーチキンの身とは違う見た目なので、そうかそうかと食べることはせずきっと避けます。

この一件があって以降、普通のシーチキンを開けた時もきちんと細かくほぐしてよく見るようになりました。
もちろん私の勘違いということも大いにあり得ますし、無知ゆえ全く見当違いなことを想像しているかもしれないのでメーカーなどは絶対に言えませんが、お魚系はよく見る必要があるなと感じました。
個人的にちょっと恐怖を感じたので書いてみました。
皆さまも気になる方はシーチキンの中身、よく見て食べましょう!